目を生かすライン、メイク

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください



どんなラインがよいか、というのは
本当に悩ましいところ。


広いのがよいのか
狭いのがよいのか
ここはかなり吟味していかなくてはいけないです。


今回の例は
すごく広いラインではないですが
幅はしっかり見えて
なおかつメイクのうまさも加わって
非常に目が映えています。


こういった例も参考になるのではないでしょうか?
まずは手術前。見ていきましょう。
手術前
左は微妙に奥二重があるかどうか?といったところ
一重まぶた、の印象です。
ここにラインを生み出していきましょう。




両目埋没法、手術直後です。
直後
腫れの影響がわかりやすいですね。
大きな腫れは無いのですが
やや幅が広く出ていることと
ラインにかぶさる側も腫れて、かぶりが大きくなっている。
なんとなくもこっとした印象というか。
ただ、このぐらいであれば2,3日でもかなり落ち着いてきます。


1週間目のお写真を比べて見てみましょう。
一週間
ラインにかぶさる側も落ち着き
綺麗なラインになっているのがわかりますね。
幅も落ち着きました。
メイクも加わって、非常に目が映えています。
平行ラインだけれども、広くないので
濃いメイクをしなくともはっきりしやすいです。
(綺麗なのは、この患者様がかなり効果的なメイクをしているという点も大きいですね!)


目の開きは決して大きくはないですが
目を魅せる、という意味では有意義なライン。


いつも言うように
どんなラインがよいか?は本当に難しい。
そしてそれをどう生かすか、というのもあります。


いろいろ課題は多いわけですが
頑張って考えていきましょう!




PS
拍手コメントへの返事です。


>なおみさん
ご紹介いただけるのは
本当に光栄です!
ありがとうございます!


そういった期待に応えられるよう
頑張りますね!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR