アイプチによるライン・クセをしっかりさせよう。

アイプチ等を使用しているうちに、クセがどんどんくっきりしてきて
二重まぶたになってしまう、という人もいます。


どんなラインでもクセづくわけではなく
クセになる部分には、もともとのなりやすさがあるのだとは思います。
二重になるには少し弱い力しかないところが
アシストされているうちに加齢変化などもあり、ラインがはっきりする、といった感じで。


だいぶクセづいたのだけれど
はっきりしないラインのまま、という人も多いかと思います。
こういったクセの形を整えたり強調したり、してしっかりとしたものにしていく
今回のお写真は、そういったことを埋没法で実現しているケースです。



まずは手術前のお写真を見てみましょう。
手術前
右はけっこうちゃんとラインになっていますが、やや頼りない。
左はもっと弱いです。
アイプチやつけまつげで補強してあげればラインがしっかりする、という人も多いですが
埋没法希望、ということでご来院されました。


ということで埋没法直後のお写真です。
直後
末広型のラインがしっかりと生み出されています。



手術直後ですが泣いた後のような感じ、と言えますね。
ちょっとだけ腫れているかな。
これはすぐに落ち着いてきます。





最後は1週間目です。
一週間
しっかりとしたラインになると、やはり映えますね。

アイプチ、メザイク等使用し続ける人もいれば
こうやって手術を行う人もいます。


痛みや腫れをおそれて
なかなか手術に踏み切れない、という人はたくさんいると思います。
なんとかそういった声に対する解答であるべく
「腫れない」手術をめざし
引き続き頑張っていこうと思います。





関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR