アイメイクで非常に映えるライン。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください



今回のラインも派手すぎない平行型。
続きすぎかな?
(たまたまです。)


化粧の映えやすいライン、というのがわかりやすい例かな?と思います。
さっそく見てみましょう。



まずは手術前です。
手術前
奥二重に近いラインです。
これはこれで綺麗なラインです。
でも、もっと広いラインを希望、ということで埋没法を両目に施行しました。


埋没法直後です。
直後
少し腫れて見えます。
直後でちょっとだけ目の開きが落ちている、というのが主因ですね。
そこはすぐ落ち着きます。

なるべく手術自体のダメージを少なくして腫れを減らす、というところがありますが
ダメージがないわけではない。
ダメージによる腫れは1~2日経ってからの方が強くなる場合が多いです。
切開の場合はそういった日にちがピークになると思います。


埋没法の場合は
この写真のパターンの様に
直後は少し目の開きが落ちて、少し腫れて見えます。
ダメージの腫れは遅れて出てきますが
目の開きが落ちるのがどんどん治ってくるので
極端には腫れないです。



最後は1週間目です。
一週間
化粧によってずいぶん目が映えていますね。
大きく見えます。

こういった風にアイメイクこみで考えると
広いラインでも派手には見えません。
(この例はそんなにひろくは無いですが)


すっぴん、ナチュラルメイクが多い人には、狭いラインも好まれます。
広いライン、狭いライン
自分の化粧のスタイルも合わせて考えていきましょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR