蒙古ヒダで隠れた部分を出す施術

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







先日掲載した手書きの絵
蒙古ヒダ

目頭切開は 緑の矢印で示した「蒙古ヒダ」と呼ばれるヒダの部分を軽減もしくは無くす、そういった施術だ、とこの前の記事でも書きました。
ヒダがなくなると、目頭切開施術後は 図の赤で示した輪郭に近づく、ということですね。




今回のお写真もこの図と見比べてみましょう。

右 手術前
右 1かげつ


上が手術前、下が目頭切開後1カ月目です。


隠れていた赤い粘膜っぽい部分が見えてきているのがわかりますね。
ヒダも無くなっています。


上図の様な変化が起きているわけです。


最後は両目のお写真でも比較してみましょう。
手術前

一か月

これも上が手術前、下が1カ月目。
目が近づいているのがわかりますね。


こういった変化があるわけです。
蒙古ヒダの張りが強くない人は変化は小さいし
張りが強い人はけっこう大きく変わります。


目の近い人の場合は
多少なりとも更に目が近くなるので注意ですね。





関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR