蒙古ヒダのつっぱった部分をなくす。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今日は目頭切開のお写真です。


「蒙古ヒダを取る」というのが目頭切開だ、というのは常々このブログでも書いていますね。
蒙古ヒダ
手書きの図を載せて見ました。(下手だけど許してくださいね)
目の内側、目頭側の部分、ヒダ状になっているところ
上図で緑の矢印が指している部分が蒙古ヒダです。

蒙古ヒダが引っ張るような感じで
皮膚が突っ張って、目の内側の形が出来上がっている。
上の図でいうと蒙古ヒダが突っ張るため
目の形が赤で書いた輪郭の様にならず、一部が隠れる形になっているわけです。


目頭切開は 蒙古ヒダの突っ張りをなくす=蒙古ヒダをとりさる、という効果を持ち
上の図で 黒く書いている線での目の形を、赤の線で書いた目の形にする、という感じですね。
(ちょっとわかりにくくてすいません)


これを踏まえて今回のお写真を見てみましょう。



まずは手術前の右目アップ
手術前 →

次は一か月目の右目アップ
一か月 右

1枚目の写真を見ると 
蒙古ヒダ、強くはないけれどわかりますね。
そこが微妙に引っ張って・・
目の一部が隠れている。

目頭切開を施行して
2枚目の写真では蒙古ヒダが無くなり、隠れた部分が出ているのです。


ちょっともともとの隠れている部分が少ないお写真ですが
こんな感じです。
他の人の例などもいろいろ見てみてください。
目頭切開についての様々な写真・記事はこちらから




では両目の手術前後も載せておきます。

手術前
手術前

1カ月目
一ケ月 


今回の例は微細な変化ですが
(化粧での変化の方が大きいかも)
注意深く見てみると目頭切開の効能がわかりますね。




PS
今回初めて手書きの図を載せてみました。
絵が下手なんでもっと精進します!
わかりやすければそれでOKなんですけどね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR