一重→ほんのり平行型二重。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください


今回は一重まぶたの方の例。
埋没法でラインを生み出していきます。

末広型ではないけれども
はっきり平行ではない。
ほんのりとした平行型、とでも言いましょうか。

そんな雰囲気のラインの例です。
お写真を見ていきましょう。



まずは手術前のお写真。
手術前
一重まぶたの目です。
埋没法でラインを生み出していきます。


左右両方の目に埋没法を施行、手術終了直後です。
直後
極端な腫れではないものの、左に比べると右は腫れがありますね。
少しするとこの腫れはほとんど落ち着くので様子を見ていきましょう。

ラインが生み出されることにより
目がかなりはっきりとしましたね。
一重→二重の変化は目の輪郭自体が丸みを帯び、大きく見えます。


最後は1週間目。
一週間
メイクすると、ライン自体は大きくは見えない。
でも目を映えさせますね。
手術前の目に比べると、ずいぶん目がはっきりしました。
ほんのり平行型ですね。


埋没法でどこまでの広さが可能か、平行型が可能なのか?
そういった部分はカウンセリング時のシミュレートで確かめていきます。


シミュレートについては過去の記事でいろいろ書いているので
さかのぼって読んでみてください!
去年の2月あたりはこのへんのことを書いていますね。


昨年4月末にクリニックが開院し
それ以降はお写真の掲載がほとんどになっていますが
またいろいろと思ったことなども書いていこうと思います。
ご期待を。



今日は患者様に
「マメにブログを更新してすごい」とほめられました。
ありがとうございます!
確かにけっこう更新してます。
毎日ではないですが。
こういった言葉はすごく励みになりますね。
ほんと社交辞令でなく、ありがたいし、嬉しい。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR