控えめなラインで目を映えさせる

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください




携帯で相談メールを送ってきた方で
メール返信が無い方は、設定を見直したうえで
再度お知らせください!!









今回の変化は
一重→二重
の変化です。

細かな変化でも意外と印象の変化は生まれてくるので
非常に有効、ではないでしょうか。




まずは手術前です。
手術前
一重まぶたです。
大きな変化は望まないけれども
奥二重っぽい感じの変化を希望、ということで
埋没法を左右両方の目に施行しました。


ということで手術終了直後です。
直後
少しだけラインが広く出ています。
でも大きな腫れはありません。



1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
控えめながらも、よい感じのラインです。
大きな変化はないものの、一重とは微妙に印象が変化して
目が映えていますね。
はっきりした、と言えますね。

ただ、この方は左目側に内出血がやや多めにでてしまいました。
一週間閉じたとき
↑なんとなく周囲が黄色っぽいのと
ラインよりもまつ毛側に赤み。
もう1週くらいの間で消えるので
メイク(コンシーラー、シャドウ等)でうまく隠していくのがよいでしょう。
上の写真の様に、開いてしまえばほとんど見えませんが、そうやってメイクを施していく方がよいです。
少し我慢が必要ですが
頑張っていく価値はあると思います。


内出血は多く出る、という確率は高くはないですが
リスクとしては込みで考えなくてはなりません。
なるべく規模、確率を減らすために
こちらも丁寧な施術をこころがけていきます。
正解、は無いですが、できる限りのことを行っていかなくてはいけません。
ゴールは果てが無いです。




PS
拍手コメントへの返事です。

>さきさん

埋没法で視力が低下するかどうか、ということですが
基本的にはそれはないです。
ただ一時的に見え方が変わっていて変な感じだったりする、というのはありえるかもしれません。


でも、裏から糸が変な風に飛び出していて
角膜に傷をつけ続けていたりすると
視力に影響があったり
もしくは目に感染が起きてしまってという上での見え方の低下(失明)が起きてしまったりは
考えられないわけではないので
きちんとした埋没法の施術を行うことが必要です。

でも、昔のような糸が黒目にすごく触れるような方法であっても
こういったことが起こる確率はものすごく低く
現在通常行われるような方法であれば問題ない、と言ってしまってもよいかと。


考えれば考えるほど
いろいろな怖いことは可能性としてありますが
それを限りなくゼロに近いくらい低下させていけばよいのだと思います。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR