広いライン 狭いライン

ラインを広くすれば目が大きく見える

そう思ってとにかくラインを広くしたがる人も多いですが
実際、二重ライン幅が大きくなったからといって
目が大きくみえることに直結するわけではないです。



一般的には

狭いラインはすっぴんのときにはっきりした感じで綺麗
広いラインは強めの化粧をする際に映えて綺麗

などと言われます。


意外とせまめのラインは目を綺麗に見せたり
むしろ大きく見せたりすることも多い。

といえるので、広く、広く、とばかり考えないで
いろいろなラインを考えてみることは非常に大事です。



広すぎるラインは
すっぴんのときにはそうとうぼんやりした印象を与えてしまう場合もあるので
注意が必要ですね。
眠そうに見えてしまうパターンもあります。(ここでもまたガチャピン的な印象にみえてしまう..)
目の開きが小さい人は眠そうに見えやすいです。
広すぎると眠そうに見えるほかに、自分はよくても他人から見たときにどうもおかしい、というパターンもあるので注意が必要です。




ただ、目によってはかなり広めのラインが合う場合もあります。
目の開きが大きい人は広めのラインでも眠たそうには見えないですね。
先ほども書いたように、化粧によって華やかに見えやすい、という利点もこの場合最大限に発揮されることでしょう。




あとは平行型と末広型というラインの流れ方も絡んできます。
この2つは前のブログを参考にしてみて下さい。
    ↓
平行型の説明&写真のブログ
末広型の説明&写真のブログ



これらのラインの似合い方は目によっても変わってきます。
バランスはとても大事です。

自分にはどんなラインが合っているのか?
というのは実際にシミュレートしながら確かめていくしかないです。
診察時に鏡を見ながら、本人の目でシミュレートして考えていきましょう。




埋没法で出来ないくらい広いラインを求める場合は
やはり切開することもひとつ方法として考慮にいれなくてはいけません。
そういったかたちで美しい広めのラインを手に入れている人もいます。
埋没法で出来る範囲であれば、それも十分問題なと思います。
いろいろな方向性を探っていきましょう!














関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR