やや目の開きの細い例。

今回のお写真は
少し目が細いタイプの目の方です。
埋没法でラインを生み出し、目を映えさせていきましょう。


では、まずは手術前。
手術前
一重まぶたの目です。
厳密に言うと、多少の眼瞼下垂があるのでしょうけれど
そのまま埋没法を行うことも可能な範囲だったので
両方の目に埋没法を施行しています。


埋没法手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
手術直後ということですこしだけ目の開きが落ちていて、やや腫れて見えます。
実際若干の腫れもあるのでしょうが、ここはどんどんと落ち着いてきますね。

ということで1週間目です。
一週間
末広型のラインが生み出され、目が大きく見えます。
メイクを施すと更に映えそうですね。


やや細めの目の方の場合は、あまり広いラインにすると眠そうに見えてしまうところがあります。
この患者様の場合もこのあたりがぎりぎりか、というところ。
もっと狭めのラインでもありはありですね。
その線引きは答えがなく、難しいです。

目の開き自体を良くするような
眼瞼下垂の手術を行っていく場合もありますが
印象の変化が大きくなるので、そこは検討して、となりますね。




眼瞼下垂の度合いが強いと
糸をつけただけで無条件に目の開きがさらに悪化してしまうケースもあるので
カウンセリング時の診察は非常に大事になってきます。

下垂の度合いがある程度までであれば
筋肉になるべく負担をかけない方法で埋没法だけ、というのも可能なわけです。
しっかりと診察してともに考えていくのが大事ですね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR