平行型を無理ない感じで実現する。

平行型のラインを求める人は多いです。
ただ、自分に似合うのかどうか?だとか
人工的に見えてしまうのではないか?といったことを
恐れている人も多いのは事実。


変に広げすぎるとやはりウソっぽい感じになってしまうかな、というところ。
あまり狭すぎると平行型にならないので
そこは難しいところです。
埋没法では平行型ができない、という人もいるので
きちんとシミュレートして確かめていくのが大事です。



ということで今回は
無理のない、自然で派手すぎない平行型を実現した例を載せます。


まずは手術前です。
手術前
薄いクセはありますが、はっきりしません。
しっかりとしたラインを生み出すべく
左右両方の目に埋没法を施行しました。



手術終了直後のお写真を見てみましょう。
直後
ずいぶん腫れが少なく
すでに美しい平行型のラインが見て取れます。
微妙に目の開きが弱くなっていますが、ごく一時的なもの。
様子を見ていてくれれば、すぐに治っていきます。




最後は1週間目。
一週間
自然な印象の平行型ラインですね。
上の写真と比べて、さらに滑らかになっています。


どこまで広くするか、もしくは狭くするか。
極端に平行にすることにこだわりすぎるのはよくない、と思いますが
今回のお写真のようなラインは
ひとつ参考になるのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR