蒙古ヒダの強い例



今回は目頭切開のお写真。
蒙古ヒダの張りがわりと強い例です。


まずは手術前を見てみましょう。
手術前
目頭側に蒙古ヒダ、わかりますか?
ヒダが張っていて目頭側の白目が少し隠れているわけです。
目頭の形を整え、隠れている部分を出していく
それが目頭切開です。


1か月後のお写真を見てみましょう。
一カ月
極端に引っ張るような手術ではなく
こうして形を整えたわけですね。
隠れている部分はだいぶ変わったのがわかります。


目頭切開を行ったときの特徴としては
○目と目の間の距離が近くなる
○目頭側がシャープになる
といったものがあるため
かわいい系→美人系の印象の変化を遂げる、と言えます。


その点は術前、術後の目の雰囲気を見比べ
どちらの方が自分が好きか
どちらの方が自分に似合っているか
そこを考えてみて
術後の目のタイプが自分の趣向に合う、というときには
手術を計画するのが良いでしょう。



まだ傷は赤みがありやや目立つので
すこし長く様子を見ていく必要があります。
うまくメイクを施して隠していくのがよいですね。
傷は少し残る場合もあり
そういったときには後での処置が必要になるケースもあります。





関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR