末広→平行のしっかりとした変化

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






今回は末広のラインを広げて
平行型のラインを生み出した例です。



では、まずは手術前のお写真から。
手術前
末広型のラインがありますね。
もっと広くしたい!という希望で来院。
埋没法を両方の目に施行し、平行型を生み出す、という方針をたてました。


手術終了直後のお写真を見てみましょう。
直後
やや内側に腫れが見られるかな、というところ
少しだけ広く出ています。
ただ、大きな腫れもなく、どんどん落ち着いていくので様子を見てみましょう。
落ち着くのが楽しみですね。


ということで1週間目です。
一週間
平行型への変化を遂げているのがわかります。
いい感じのラインですね!
最初の末広の目も悪くないですが
平行で幅を広げたほうが似合っているかなと思います。

ただ、ここは好みですね。
どちらが好きか。
そこをしっかり考えて、です。

手術可能、と判断できる範囲であれば
あとは自分がどう思うか。
人の好みではなく
自分の感性が大事になってきます。


自分の価値観での判断。
明らかに常識的におかしい、というのがあれば、そこについてはもちろんアドバイスします。
でも、手術できる範囲(特に埋没法でできる範囲)であれば、妙なことにはならないはず。
カウンセリング時にシミュレートして
答えを探していきましょう。



PS
拍手コメントへの返事です。

>なおみさん
ほんと、もうすぐ一年です。
少しずつ、ですが
歩んできました。

応援ありがとうございます!!





今日は
以前僕の二重術の施術を受けた方が
別な相談で来てくださいました。
前回もいろいろ話し合って埋没法を行ったのですが
まさに本文中で書いたように
「自分の価値観」の話を以前の僕もしていた、ということです。

「施術を受ける人自身の価値観」と「僕の出来ること、その人の目で可能なこと」
カウンセリング時に、そこをしっかりと提示しあっていくことがすごく重要ですね。

できない、という答えを出さねばならないこともありますが
その場合は妥協点はどこなのか、をまた探っていく。
カウンセリングは手術同様大事な時間ですね。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR