片目を広げる!

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






今回は片目シリーズ。
左右でやや差のある目の例です。




まずは手術前。
手術前
右の方が少しだけラインが狭い。
あと厳密に言うと、右は開きもやや小さいです。
ただ、大きな差はないので埋没法で右側の幅を整えて経過を見ていきます。


ということで埋没法を右目に行った直後のお写真です。
直後
なんとなく右目は泣いたような感じですね。
ちょっと充血して微妙に腫れています。
ただ、大きな腫れでは無く、すでに良い感じです。


最後は1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
細部では左右差があると思いますが
細かい点だ、といってよいでしょう。
1枚目のお写真と比較して、差が埋まっており
いい感じです。
更に左右の差を細かい部分まで近づけたい場合、糸を使った眼瞼下垂の施術を加えていく、という手もあるとは思います。(切らない下垂手術)
ただ、そこまで要求していくかどうか?というのは個人個人の希望の分かれるところだと思います。
僕の意見としては、この感じで十分良い、と思います!


埋まらない差もあるとは思いますが
そこを近づけていく、というのはこのように有用です。


両方の目を行う際にも、差を少なくすることは重要です。
このとき、細かなものであれば差をつけても良いと思いますが
(たとえば、細かな差であれば、多少差があっても、とれにくさを重視してラインのクセになりやすいところ同士を利用してラインを生み出すこともあります。)
あまり左右で大きな差をわざとつけないほうがよいです。
たとえば、できる限り広くしようとして、右の最大限、左の最大限、という風に施術を行おうとする人も時々いるのですが、そこは無理せず、なるべく左右を合わせるようにすべきです。
変に差があると、他人が見たときにおかしな印象に見える可能性もあるので注意していきましょう。






PS
拍手コメントへの返事です。



>なおみさん
うちのクリニックがおすすめ、と言ってもらえるのは本当に嬉しいです!
これからもがんばりますね!!

昨日のブログは反響けっこうありましたよ~!


>raraさん
埋没法を行っても
まれにすぐとれてしまう人はいらっしゃいます。
まずは普通に再手術をしてみるのがよいのではないでしょうか。
無理なラインでなければ、大半のクリニックでは再手術を受けてくれると思います。







震災から1年
被災地の一日もはやい復興を心から祈ります。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR