広めのラインに合わせ左右を揃える。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






先日3回連続の続き物で目頭切開のはなしを書いたら
第2回目だけうまくアップされてなかった・・・・
ということできちんとアップしておきました。
あと、昨日はネットがうまくつながらずアップを断念・・・
ということで今日再度推敲してめげずにアップ、です!


まあそんな話はこれぐらいで
今回のお話に移りましょう。




今回のお写真は
左右で差のある目のパターンです。

まず手術前、見てみましょう。
手術前
左は平行型で広め
右は平行型で狭め。
どちらのラインもあり、ですが
広めに合わせる計画を立てます。

左もラインが変わるときがある、ということで
両目に埋没法を行っています。



手術直後です。
手術直後
微妙な腫れでおさまっていますね。
すでになかなか良い感じではないでしょうか?


最後は1週間目です。
一週間
左右に差がある場合は、このように差を減らし、そろっていくことで自然に見えやすいです。
手術をしたから不自然になる、とは言い切れないわけですね。


目を生かすようなライン。
自分に会っているライン。


この方の場合は、手術をしなくても将来的にはこのラインが出てきたかもしれません。
そういったラインの方がもとに戻りにくいのは確かです。

なりやすいラインを狙う人もいるし
あくまで自分の理想のラインを追う人もいる。(切開する人もいますね。)
戦略も本当にひとそれぞれです。





PS
拍手コメントへの返事です。

>マユさん
埋没法 当日は水にぬらさないようにしましょう。
(目薬がかかるぶんには構わないです)

翌日の朝はかるく水で洗うような感じですね。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR