たるみに対抗する

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回はややたるみのある症例です。

たるみが多い場合には、やはりたるみを切除できる切開法が確実です。
ただ、目(たるみ)の状態によっては
埋没法で少したるみの少ない状態に見せていくことも可能です。
では実際にお写真を見てみましょう。



まずは手術前。
手術前
たるみがでてくると、目尻側が下がって見えますね。
かぶりが多くなる。
ラインを広げて、このかぶりを少なくしていく。
埋没法を両目に施行しました。


埋没法直後です。
直後
外側中心に広げました。
直後なので、やや腫れがあり
広げただけでなく、さらにラインが上がっています。
実際はもう少し無理しないくらいのラインで
ややかぶりが戻ってきます。



1週間めのお写真です。
一週間
かぶりが戻ってきていますね。
この方が若干自然です。
もうちょっと滑らかにかぶるようになってきます。
大きな腫れは直後から無いといってよいと思いますが
こうやってだんだんと滑らかになっていきます。


以上、無理しない範囲の「たるみ減少」であれば埋没法でもこのように可能です。
ただ、2枚目の直後の写真位の状態をキープしたい場合は
たるみを切除した上でラインをきちんとつくる、という全切開法の方が有効になってきます。
どこまで求めるか、ですね。

ただ、全切開だと変化度が大きくなってしまうケースも多いので
今回のケースの様に
たるみを取り去らずにラインをやや上げる、というのは
割と自然でよいかもしれませんね。







PS
拍手コメントへの返事です。


>さくらさん
僕はあまり何ミリ、という点にはこだわらずにデザインを考えていますが
目を開いて正面を見て2.5ミリでも、目に合ってさえいれば広すぎることはないです。
あとは目の開きの大きさ次第かと。

さくらさんの見たお写真のモニターの方も、2mm~2.5mmくらいだと思います。



>まいさん
埋没法はわりと回数を繰り返し行うことは実際可能です。

ただ、短期間で取れるのを繰り返す場合は
そのラインは向いていない、と判断して
ラインを変えたり
切開法にシフトすることが必要です。

力を及ぼしていない糸を取るのは
必ずしも必要ではないですが、繰り返す場合はやや邪魔になってくるかもしれません。
その場合は取ってしまうのがよいですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR