人気の派手すぎない平行ライン

今回はひさびさ、通常の埋没法の症例です。



まずは手術前です。
手術前
少しだけラインのくせがありますね。
これを参考に、ラインを生み出すべくデザインしていきます。


埋没法を両方の目に施行、手術直後です。
直後
大きな腫れはないのですが
微妙な部分でラインがやや乱れていますね。
腫れが引くともう少しはっきりしてきます。


ということで1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
派手すぎない平行型ラインが生み出されているのがわかりますね。

末広型に近いけれども
目頭側からのびるライン。
良い感じのですね。
徐々にもう少し、さらに滑らかになっていきます。



このブログにたびたび登場する「派手すぎない平行型」。
ブログを読んできた人たちに、その希望を伝えられることが最近多くなってきた
人気のライン、とも言えます。



人それぞれの目に、人それぞれのライン。
どんなラインが好きか
どんなラインが合うか
そしてどんなラインが可能なのか。
確かめなくてはならないこと、考えなくてはならないことはいろいろあります。
しっかりとそこをおさえていけば
恐れることはない、とも言えます。
カウンセリング、緊張してこられる人は多いですが
頑張っていきましょう!




PS

拍手コメントへの返事です。

>みんとさん
そうですね。
自分の思うラインに近づくためには
何をすべきか
また逆に、何がいらないか
そこを共に考えられるのが
カウンセリングのいいところなので
きちんと診察して、いろいろと話し合っていくのがよいですね!


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR