目頭切開の効果を検証しよう 3

前々回、前回からの続きです!
今回は経過をお写真で追ってみます。



埋没法+目頭切開でラインを平行型にする、というのは
やはり常套手段と言えるわけです。

目頭切開なしでも平行になるケースもあるし
全切開しなくては厳しい場合もある。
いろいろなパターンがありますが
今回のお写真は
末広→平行を埋没法+目頭切開で実現していますね。


経過を追ってみましょう。

手術前
手術前

手術直後
直後

抜糸時(手術の5日後)
抜糸時

約1か月半後
一か月


まだ完全には落ち着いていませんが
こういった感じで変化していってます。
この時点ではメイクでうまく隠して様子を見ていく、というところですね。
メイクでほぼ問題なくいけると思います。


2枚目のお写真でみると内出血がすでに出ているのがわかります。
抜糸時の写真ではやや薄くなって広がっていますね。
そうやってだんだんなくなっていきます。
これもメイクで隠していくのがよいでしょう。



しっかりとした変化を出すために
Z形成と呼ばれる方法をベースにもちいて目頭切開を行っています。
いろいろな方法があるので
カウンセリングの際は、担当する医師に方法について尋ねてみるのがよいかもしれませんね。
(実際ブログの文章ではどういった風に手術するのかを説明するのはすごく難しいです!)




PS
拍手コメントへの返事です。

>なおみさん
お待ちしておりますね!
頑張りましょう!


>みんとさん
全切開の場合は、中を見ながらいろいろなことができるので
脂肪の量についても状態を考えながら行えるので
取る量についても考えていくことができますね。
小切開の場合は、そのあたりは少しだけあいまいです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR