一重→二重をアイプチの代わりに手術で。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






アイプチで二重のラインを生み出している人は多いです。
ただ、利点もあれば弱点もあるのは確かです。
今回のお写真は
アイプチから埋没法に切り替えた例です。




まずは手術前のお写真から見ていきましょう。
手術前
一重まぶたです。
アイプチでややまぶたがかぶれているのがわかります。

アイプチでかぶれ続けると
皮膚が伸びてきてしまったり
更には筋肉もやや変性し、力が弱くなってしまう可能性があるので
かぶれる場合は、使用をやめたり、他のかぶれないものに変えたりが必要です。
手術は代用として非常に有効なわけです。

このケースでも埋没法を行うことにより
当然アイプチの使用はストップされるので、肌も徐々に落ち着いてきます!



では埋没法手術終了直後です。
手術直後
少しだけ幅が広く出ています。
ちょっとだけ腫れている状態です。
でもちょっと、ですね!
アイプチでかぶれている場合、微妙に腫れや内出血が増えることもあるので要注意です。
慎重・精密に手術を行った成果が出たかな!?と。



最後は1週間目です。
一週間
ラインは落ち着きましたね。
ぎりぎり平行型、と言えないかな?言えるかな?というライン。
メイクで映えていますね。
いい感じです!



アイプチを使わずにいられない!という人はかなり多いです。
どこかの時点でこういった風に切り替えていくのは非常に意味があるので
検討してみてもよいかと思います!
あとは使用を続けるなら、うまく使う事、肌に合うものを、というところですね。
(アイプチでしかうまく生み出せないラインを作り上げている人もいるので・・)
手術でどこまで可能なのか、どんなラインならいけるか、はカウンセリング時のシミュレートでわかるので
いつも言うように、そこをしっかり確かめることが大事ですね。





PS
拍手コメントへの返事です。


>サキさん
内出血は侮れないです。
人によっては多く出てしまうこともあります。
(ほとんどの人は出てもはっきりしないような小規模のものです)

なるべく少なくなるように精密に行ったり
途中途中で工夫したりしています。
こちらのがんばりどころでもあります。


>まるちゃんさん
手術後はいろいろ不安になることもあるかと思いますが
なんでもわからないことがあれば、質問してもらって大丈夫です!



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR