片目ずつの施術

片目ずつを時間をおいて施術した例です。
過去に埋没法の施術を両目に受けており
右目が元に戻ってしまった、ということで
当院に来院してくださいました。
右目の手術希望です。



まずは手術前
最初
右が狭い、ということで合わせるべく埋没法を施行しました。


右の埋没法直後です。
直後1
直後なので少しだけ目の開きが弱くなっている、という感じです。
落ち着くのを待ちましょう。


ということで右埋没法後、1週間目。
一週間1
いいラインです。
左も時々薄くなる、ということで今後手術を検討、という感じです。



で、しばらく時間が経ち・・
手術前 2
左が狭くなってきた、と。戻ってしまったかな?
今度は左の施術を行いました。


ということで直後です。
直後  ②
前回同様、やや目の開きが弱くなった、というのにプラスして
細かく言うと今回の方がやや腫れが多いかな?といったところ
ただ、この感じならばすぐに落ち着いてきますね。


ということで左埋没法後1週間です。
一週間2
これでまた様子を見ていく感じですね。


今回のケースとは違いますが
片目ずつの施術を行う方もいらっしゃいます。

眼帯で隠したりして
両目いきなり行うリスクを避ける、というパターンです。


でも両目行うことが決まっているのであれば
左右同時に行う方がかえって目立ちにくいかもしれません。
腫れを減らした手術の場合
微妙な腫れのみで行けるケースがほとんどなので
逆に両目がそろって、腫れが目立ちにくいのです。
なので、通常の場合は両目を同時に行うことをすすめます。

あとは本人の方針次第ですね。
どちらも、あり、です。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR