末広型二重まぶた→平行型二重まぶた

今日のお写真は
末広型ラインを平行型ラインに、というタイプの変化。


目頭部分のこういった変化は
最も注目度の高いもの、と言えるかもしれません。
そう言えるほど、望む人が多いのです。


目によって
埋没法だけで可能
全切開の必要がある
それらに対しさらに目頭切開を組み合わせる必要がある
などという風に分かれてきます。


蒙古ヒダのつっぱりが強い場合は目頭切開を伴うことが必要になってきますが
目のかたちによっては必要ないケースも多いです。
今回のお写真は埋没法のみの施術を行っています。


ではお写真を見てみましょう。
まずは手術前。
手術前
末広型の綺麗なラインですね。
平行型のラインになりたい!ということで施術希望で来院されました。

いい感じの末広のラインですが
中には、ラインが外に向けて開いていくので、すこし目がつって見えるのではないかな?と考える人もいるようです。
平行型にすることによって、その点をやわらげるわけですね。


では埋没法直後です。
直後
平行型のライン。
一目瞭然の変化ですね。
埋没法直後なので少し目が重くなっているかな、という感じなので
はやく落ち着くのが楽しみですね。
こういった感じはすぐに落ち着いてきます!


ということで1週間目。
一週間
メイクも加わり、目が大きく見えていますね。
末広→平行の変化
非常に効果的な変化となります。





PS
拍手コメントへの返事です。
(コメントしなくても拍手できるので時々よろしくお願いします笑)

>みみこさん
お薬代は含まれていますよ。
ご安心ください。


>ナオミさん
薬に関しては その目薬をすすめてくれた上に、きちんとしたものを使うべきと進言してくれた 某医師に感謝ですね。
カウンセリングお待ちしていますね。


>ののさん
何度も同じラインで取れるようであれば、切開したほうが良いのはたしかです。
ただ、時間があいていれば、数回繰り返しても問題はないとは思います。

裏から糸が出てくるケースは非常にまれです。(随分昔に受けた経験のある方を手術したときに見たことはあります。)
10年たったから必ず出てくるだとかいうことは無いです。






関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR