目の開きの差を埋没法で埋める

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回はやや開きに差のある例です。
埋没法のみでなるべく揃えていく、というパターンを見てみましょう。


まずは手術前。
手術前
差がありますね。
左の目の開きがかなりよいです。
右ははっきりしたラインが無い、というのもありますが右に比べて開きがやや弱いです。
右の開きが悪い、ということではなく、左の方がより大きく開いているという状態ですね。
しっかりしたラインを生み出してみて
差を埋めていきましょう!


埋没法手術直後です。
直後
けっこう左右がそろいました。
ただ、直後なので、やや目の開きが弱まっています。
それで左目が右目に近く見えているのもあります。
すぐに落ち着くので待ってみましょう。



ということで1週間後です。
一週間
うーん、やはり左の目の開きは大きいです。
でも埋没法だけでもだいぶそろいました。差は少し、ですね。
更に、という場合は下垂の手術をつけたしたりするのもありでしょうが
(右目の開きを少し大きくする)
もともとのナチュラルな特徴をいかしたこの状態のままで十分よいと僕は思います。
そのあたりもひとそれぞれ、ですね。




PS
拍手コメントへの返事です。

>ナオミさん
カウンセリング、お待ちしておりますね!
しっかり診察し、シミュレートを通して考えていきましょう。


>由美子さん
ラインを広げすぎると逆に目がはっきりしない場合もあるし
そこはシミュレートでいろいろ見てみるのが一番ですね。
さまざまな広さを試していきましょう。








関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR