広めのラインを生み出す。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください


「どんなラインが良いのか?」
その問いに対する答えは一通りではないです。

十人十色と言いますが
本当に人それぞれ。
同じ人の中でも このラインもいいけど、もうちょっと広いのもいいし・・
なんていろいろあります。

完全な答えはないです。


狭いラインでなくては、という感じの人もいれば
広さを求める人もいる。


今回のお写真は広めのラインです。
広い平行ラインを求める人には参考になるのではないかな?と思います。




ではまずは手術前のお写真から見てみましょう。
手術前
末広型のラインですね。
このラインもいい感じだと思いますが
より広いライン、平行型のラインを求めて手術希望でご来院されました。


両方の目に埋没法を施行、直後のお写真です。
直後
広めの平行ラインが生み出されました。
直後なので、泣いた時のような感じではありますが
ラインの流れ方はすでに自然ですね。
腫れが少ないことがそこからもわかります。

直後からでも不自然さをなるべく取り除く、というのは永遠のテーマの一つですね。



最後は1週間目です。
一週間
良い感じの平行ラインです。
広い、と思う人もいれば
もっと広いほうが自分はいいな、と思う人もいることでしょう。
好みは人それぞれ。


自分の望むラインが埋没法で可能かどうかは
カウンセリング時のシミュレートでわかります。
しっかり診察して
良い方向に進めるよう頑張っていきましょう!!



PS
拍手コメントへの返事です。

>みんとさん
ではお待ちしておりますね!!
どんなラインを望んで
それには何が必要なのかを明らかにしていきましょう。


>ancoさん
お褒めの言葉ありがとうございます!

デザインと糸を通す位置にこだわって
今回の本文中にも書きましたが
早期から自然なライン
直後でも不自然ではないライン
それを追い求めていこうと思っています!




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR