いろいろなラインが入ってしまう

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回のお写真は
ラインがうまく定まらず、不安定な線がいくつか出てしまうというパターン。



アイプチのクセが何本か出てしまったり
日によってラインが変わったり


もしくは
目の上がくぼんできたりして
余計なラインが増えてしまったり


などなどいろいろな人がいます。





では手術前のお写真を見てみましょう。
手術前
右目のクセもはっきりしませんが
左目の方はもっとはっきりしない、というか
何本かラインが見てとれますね。

こういった感じだと
目がぼんやりして見えてしまうことが多く
はっきりとした目にするためには
ラインを確定し、しっかりしたものにしていくのが良いです。


この方の場合、あまり広いラインだと眠そうに見えてしまう
結局ぼんやりしてしまう可能性があるため
あまり広くないラインを選択してデザイン
埋没法を両方の目に施行しました。




手術直後です。
直後
直後なのでまだ慣れない、という感じかもしれませんが
腫れも少なく
すでに目がはっきりして見えますね。
1枚目と比較するとそれが明らかにわかります。




最後は1週間目のお写真。
一週間
いい感じに落ち着いています。



いろいろなラインがはいってしまう場合
このようにきちっとラインが定まると
このように非常に良い効果を生み出します。



広いラインの下にはどうしても三重まぶたの様にラインは入ってしまうことがありますが
その広いラインがしっかりとしたものであれば問題はないわけです。


薄いラインしかなく
目が落ち着かない、という場合
埋没法を検討してみるのは良いですね。




PS
拍手コメントへの返事です。


>なりまさん
僕は切開するタイプの眼瞼下垂手術の場合は皮膚側を切る方法のみ行っています。

二重幅を同時に変化させたり(目を開かせるとライン幅が変わるため。切らない眼瞼下垂手術の場合も埋没法二重術と組み合わせることがほとんどです。)

余った皮膚を切り取ることができるので
裏からだけ行うよりも有効かな、と思っています。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR