左右を揃えていく!

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください




今回は左右を揃えていく症例。
時々掲載しているパターンですね。
さっそく見ていきましょう。


まずは手術前です。
手術前
左にくらべ、右のラインがはっきりしない
ということで来院されました。
左も消えやすいので整えていく目的で左右両目に埋没法を行いました。


手術直後の写真です。
直後
すこし右の腫れが多いかな。
左の腫れが少ないだけにややわかりますね。
右がやや広く見えるのは
腫れだけではなく
重度の下垂は無いのですが
やや右目が重たいからか、右の眉毛を上げるクセがあるので
そのぶんややラインも引き伸ばされる、という部分もあります。


最後は1週間のお写真。
一週間
うーん、まだちょっと腫れて見えますね。
じっさい腫れが引いていくのも必要だし
あとはこの方の場合、先ほど書いたように右の眉をあげるくせがあるので
術後の目に慣れていけばいい感じになっていくと思います。
1週間ではまだもうちょっと、という感じのお写真でした。
ただ、細かな視点で言えば、というところではありますが・・
少しお時間をとらせることになる点はもうしわけないところです。

そういった感じで
内出血や腫れで
そういったお時間を取らせるのは
仕方ない部分があるとしても
いろいろと考えさせられる部分です。

だからこそ「腫れない」を目指すのは難しい戦いではありますが
なんとか腫れをおさえていくのはやりがいがある部分ではあります。


たとえば切開法だって
工夫して腫れをおさえていくことは可能です。
まあ、切開法で腫れを少なくした写真を載せても
たまたまじゃないか?とか内部処理をきちんとしてないんじゃないか?
などと勘繰られることもあり、なかなか難しいですけどね。
いろんな声はありますが
そのあたりは僕は僕らしくやっていくだけです。
ブログも頑張ります!







PS
拍手コメントへの返事です。

>モモさん
カウンセリングは10分くらいから30分くらいまででしょうか
人によってもけっこう違います。
疑問の多い場合はその場で解消するのがよいでしょう。

麻酔に関しては聞きにくい人の場合、多くすることも出来ます。
ただ、むやみに多くすると腫れにつながってしまう場合もあるので要注意。
なので長い時間効果が持続する麻酔を併用して注射することもあります。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR