派手すぎず、でもしっかりと変化する!

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






大きな変化ではないけれども
しっかりと効果のある変化を生み出す。
今回はそんなお写真を見ていきましょう。




まずは手術前です。
手術前
右は奥二重、左は一重かな?(実際はかなり狭い奥二重)というところ。
ラインを生み出すべく、左右両方の目に埋没法を施行しました。


手術終了直後です。
直後
次の写真と見比べてもらうとわかるのですが
左側は目が少し重くなっています。
やや開きの悪い下垂状態。(ほんとに少しですが)
ただ、これはすぐに落ち着いてきます。
この日の夜見てもけっこう落ち着いている感じ。
ただ、翌朝はこのくらいに戻るか、もうすこしむくむかな?という方が多いです。
でもそこからまたどんどんと落ち着いてきます!


最後は1週間目です。
一週間
目の開きも落ち着きました。
良い感じです。
控えめな幅ではありますが
効果ある変化なのではないかな、と思います。


PS
拍手コメントへの返事です。

>ちささん
糸を使った眼瞼下垂手術は
やはり効果が弱くなってしまうケースもあります。
切開したものに比較するとその点は不利です。

ただ、すぐに戻ってしまう、というケースは少ないので
チャレンジしてみる価値は十分あると思います。



>sekiさん
目尻切開は行っていますが
僕自身の経験としては、埋没法や目頭切開ほど多数は行っていないです。

戻りの大きい場合も多いので、よく話し合ったうえで決めるのですが
結局行っていない、というパターンが大多数です。

小さな変化でも積み重ねると意味がある場合はあるので
目頭切開等を行った上でさらに少しでも、というのであればあり、かもしれません。



>みらいさん
ブログは最近写真が多いですが
前の方を読むとけっこういろいろなことを書いているので参考にしてみてください。

ネガティブ、とまでは言わないですが
リスクについてなどなどいろいろ書いています。

不慮にすぐ取れてしまうケース、というのは
ラインの広い狭いにかかわらず
少数ながらあります。
初期は目を強くいじらないようにして経過を見ていくしかないですね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR