末広型のラインを少しだけ広げる。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください




今回は末広型のラインを少し広げた例です。
狭い末広ラインはどうしても目の途中からはじまる感じが強くなってしまうので
もっと目頭側からラインが見えるようにしたい、という要望は結構多いです。
さっそくお写真を見てみましょう。





まずは手術前です。
手術前
末広型のラインがもともとあります。
ただ、目尻側しかラインが無い様に見えるので
もう少し広げたい、という希望です。


埋没法直後のお写真です。
直後
泣いた後のような感じ、と言えますね。
微妙に内側が広く出ているかな、と。
腫れは少ないのですぐに落ち着いてきます。


最後は1週間目のお写真。
一週間
まつ毛も加わり、いい感じですね!
最初のお写真と比べて、変化はすこしかもしれませんが
効果的だと思います。


どこまで広くしていくかは本人次第。
シミュレートしてしっかり確かめた後に手術にのぞみましょう。



PS
拍手コメントへの返事です。


>ゆずさん
目頭切開は、平行になるのを邪魔する皮膚のつっぱりを解除する手術だ、と言えます。
末広タイプにしかなりにくい目を目頭切開することにより
平行型ラインを手に入れる人もいます。

ただ、目頭切開しなくても平行になる方もいるので
そこはよく診察して、というふうになっていきます。

そのあたり関係なしに
誰にでも目頭切開をすすめる医師もいるので
要注意です。



>真央さん
確かに狭いラインをつくったほうが
眼裂(目の開き)が大きく見える(実際に大きくなる)ことはあります。
広くするとそういった風な効果がでないこともあるのです。

広いラインでも
目の開きを大きく見せるには
眼瞼下垂の手術が有効な場合が多いです。

どこまで望むか、にも寄るとは思いますね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR