自然で美しい変化を埋没法で生み出す。

初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






今回は一重→末広二重の自然な変化の例です。
さっそく見てみましょう。




まずは手術前です。
手術前
一重まぶたですね。
二重ラインを生み出すべく、埋没法を両方の目に行いました。


手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
腫れは少ないですが、微妙に広く出ています。
これがもっとなめらかになり落ち着く感じですね。


ということで1週間目。
一週間
すごく広いライン、ということはないですが
非常に綺麗でよい感じですね!



PS
拍手コメントへの返事です。

>ももさん
ちょっと質問が長いので、細かい部分はできればカウンセリングに来たときに質問してください。
再手術の際は必ずしも前の糸は取らなくても構わないです。
ケースバイケースですね。
状況によっては取るし、取らないほうが有利な場合もあるのでその際は取ります。

ラインが同じ場合は、昔にやった糸、再手術の糸、どれがいつのものなのか、は明確にはわからなくなる場合はありますね。そんなに邪魔にはならないですが、取るときにはそれらをすべてとるのかどうか、を考えなくてはならないですね。



>*さん
目の上の脂肪取りは過去の記事に僕の考えをかいてあるのでそちらも見てみて下さい。

目の上の脂肪を取ると、年齢を重ねた際に目の上がくぼむのが早くなってしまう可能性もあるので
若い人が無理に取るのはおすすめできないケースも多いです。

脂肪だけでなく、皮膚もあるので、脂肪取りだけでは変化が出にくいケースもありますね。
ここは診察してみて、ですね。



>芽依さん
蒙古ヒダをとった場合、
どちらかと言えばラインは末広よりも平行になりやすいのも含め
釣り目にはなりにくいです。

ただ、かわいらしいという方向よりも、どちらかと言えば大人っぽい美人系の顔に近づくケースが多いですね。
シミュレートしながら、どういったことを行うべきか、もしくは行わないべきか、を考えていきましょう。










関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR