アイプチかぶれに悩む方へ

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください








以前僕が手術を手がけさせていただい方が
当ブログのある記事を読んで、感想・意見を送って下さいました。
その記事はアイプチでかぶれがある患者様の症例を掲載したものです。
↑記事を読むにはこちらをクリックしてください。

ブログに文を転載してよい、という許可をもらったので
今回はその文章を掲載します。
手術自体に非常に喜んでいただけて、感謝の言葉を頂いたほかに
こういったまさに「生の声」はやはり尊いです。


アイプチでかぶれている方でも
ラインが確定している場合、そのラインで手術を行うこともあります。
また、かぶれの状態が悪く、ラインをシミュレートできず、確定できない場合は
おくすりを塗布して治してから手術を計画することもあります。

かぶれで困っていて、埋没法等の手術を考える方も、お声をかけていただければ、と思います。






~~~以下、メールからの引用文です。~~~



ブログのアイプチのかぶれの記事を見て、モニターの方のかぶれのご様子を見て、さぞや悩まれたんじゃないかな、と思って昔の私を思い出しましたのでメールしました。


私もアイプチを使用しており、かゆみ、かぶれ、皮膚のこわばりに悩まれてきました。
アイプチを使用しない方がいいのはよくわかっています。
ですが、アイプチを使用しないと、外も歩けない、もちろん友達には会えない、彼氏なんてもちろん会えない、というように、当時は真剣に悩んでいました。
アイプチをつけて人前や友達、彼氏に会うのが自分、と自己認識でした。
ですので、かぶれてもかぶれても、約束があれはアイプチをつけます。
いま、かぶれてるのにアイプチをつける女性は皆さん、同じ気持ちじゃないでしょうか。
かぶれたからアイプチの使用を控える、というのは、家に引きこもるしかありません。


私は大学時代からアイプチをつけ始めまして、授業のコマを自分である程度都合つけられましたので、どうしても腫れてつけられない場合は休んで引きこもることができました。
高校生でアイプチを使用している方は、大学生よりも休めないので、悩みも深いと思います。
大事な日に、まぶたが腫れてアイプチ使えない、なんて一番恐れていることです。
幸い、私はたまたまアイプチなくても、まぶたの皮膚が伸びたのかクセがつくようになり、その後松井先生の手術を受けるまではアイプチの使用を控えることができました。


いろいろネットでは、アイプチで腫れていると二重瞼手術受けられないと書いてあることが多くて、アイプチの使用者は、手術受けたくても、受けられないんだなと控える子が多いと思います。
今回のモニターの方のアイプチの腫れは少ないですが、多少腫れがあっても、手術ができることをお示し頂いたのは、アイプチで悩んでいる方には大きな朗報だと思います。


アイプチは、水も入れない、目もつぶれない、少しの後ろめたさとかゆみ、かぶれが伴う道具です。
大抵の方は手術して、アイプチを使わない、二重を望んでいます。
もしできましたら、アイプチによる皮膚炎のかぶれに効く薬や、何日ぐらいおやすみすれば、二重瞼手術ができるのか、1人ひとりにアドバイス頂けると嬉しいです。
松井先生なら既にやって頂いて要るかもしれませんが。
また、アイプチをして、腫れていても相談にのれることをより広報してください。
少しでも、いまアイプチで悩んでいる方に届くことを願っています。。



~~~ 以上 引用文~~~



文中にあるような悩みを抱えている方は多いと思います。
手術、というかたちで手助けできるならば幸い、と思います。
また、診察の上で必要な治療を行っていく、というかたちも。


悩んでいる人々のもとに言葉が届き、
明るい未来へ向けて、の足掛かりになれば、と僕も希望します。




PS
迷走神経反射、についてメールしてくださった方へ
メールが返せないので、こちらでお書きします。


緊張しすぎたりすると
血圧の上昇を抑えるため、体のほうがなんとか血圧を下げよう、として
急激に血圧が下がり
気分が悪くなってしまう、というのが迷走神経反射です。

病気、というわけではないです。

なるべく痛みを抑えた手術で、リラックスできるように工夫していけば
かなり抑えられるとは思います。

まずはカウンセリングに来てみて
きちんと話し合ったうえで、大丈夫そうだ、と判断できたら
手術を計画するのがよいです。

無理をして手術をうける必要は無いですが
良い形で受けられたら、と思います!


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR