目頭切開でどんな変化が得られるのか

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。


質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






今回は「目頭切開でどんな変化が得られるのか?」という問いに対して
わかりやすい写真で検証してみましょう。


次の2枚の写真を見比べてみてください。


<手術前>
手術前

<手術から約1カ月目>
一か月


目頭の部分を見比べて
違いが分かりますか?


1枚目の写真の目頭部分を見ると
「蒙古ヒダ」と呼ばれる皮膚のかぶさりがあります。


↓の部分ですね。
拡大
皮膚がヒダのように重なって
すこし突っ張って、ポケットのような部分ができています。
この蒙古ヒダを軽減、解消していくのが目頭切開手術です。

手術後も拡大してみます。
拡大2

2枚の拡大写真を比較してみると
蒙古ヒダに引っ張られ、かぶさっていた部分が変化しているのがわかります。
なかなか言葉ではうまく説明できないですが
上の写真たちで感じをつかんでもらえたら、と思います。


次回は同じ患者様の経過を追った写真を並べて検証していきます。




PS
拍手コメントへの返事です

>なすびさん
戻らないライン、というのは人によりますが存在すると思います。

ただ、やはりそれ一択、という風にはならないので
可能な範囲であれば、いろいろなラインを選択していくこととなります。
そうなるとやはりもとに戻る可能性、というのは上がっていくわけです。

だから一概にどのくらいのパーセンテージでもとに戻る、というのは言えない、といったところです。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR