目頭から綺麗に伸びる。

もう今年ものこりわずか・・・

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。


質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください




今回のお写真は
内側をひろげ、目頭からきちんと伸びるラインを生み出した例です。



ではさっそく手術前のお写真から見てみましょう。
手術前
特に右に言える特徴なのですが
末広型のラインで、目の途中からラインがはじまっているタイプです。
もっと目頭側からラインが欲しい、という希望で来院されました。
左右微妙に違う部分もなるべく近づけるべくデザイン
埋没法を左右に施行しました。

直後のお写真です。
直後
左目が糸の影響でやや開きが悪くなっています。
少し腫れて見えてしまいますね。
ただ、これは短時間で落ち着いてきます。
ダメージが大きい場合は2日目くらいが一番腫れたりするのですが
このケースの場合、ダメージは少なく目が少し開きにくくなっている、というものなので
1日でもだいぶ変わってきます。


ということで1週間目のお写真です。
1週間
ぎりぎり末広型かな?というような平行型に近いライン。
目頭からしっかりと伸びるラインですね。
まつ毛も加わり、かなりぱっちりです。
最初のお写真の目から劇的に変化したわけではないにせよ
比較すると違いははっきりわかりますね。
こんな感じで目頭側だけ広くする、という方もけっこういらっしゃいます。


目尻側は少しだけ、もしくは広げず
目頭側の方をより多く変化させる。
どこまでできるか、というのはシミュレートではっきりするので
こういった変化を希望の方は
カウンセリング時にしっかり確かめてみましょう!




PS
拍手コメントへの返事です。

>みんとさん
こんな感じで、目頭側を大きくするケースはあります。
希望のラインが可能かどうかは
シミュレートでほとんど判断できるので
カウンセリングに来てチェックしてみるのがよいでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR