やや腫れた?と感じる例

メリークリスマス!
ということですが、特に関係なくいつも通りブログを書いていきますね!



今回の症例写真は
目の細い人のパターン、です。

目が細い、というパターンはやはり一重まぶたの人が多く
まぶたの脂肪が多かったり、皮膚が多かったりと重く見える場合が多いです。

今回はそういった目の方に少し特殊な糸のつけ方で
派手すぎない平行型のラインを出す手術を行っています。


お写真を見ながら検証していきましょう。
まずは手術前です。
手術前
少し重たい目、という印象ですね。
こういった方の場合、メザイクを何度か塗ったり、いろいろ工夫をしてラインを作っている、という人が多いです。
ある程度きちんとしたラインを作るため
少し筋肉に対して作用するような糸のつけ方での埋没法を施行しました。

手術直後です。
直後
かぶさる側のまぶたが少し腫れて
ちょっとのしかかるような感じに見えています。
あとは、ややラインも広く出ている。
大きな腫れはないのですが
目の細い人に少しはっきりした平行ラインを生み出す場合には
ちょっとだけこのように腫れが感じられやすいです。(末広の場合はあまり感じにくいです。)
でも心配ご無用、ダメージの少ない手術なので、どんどん落ち着き、腫れて感じなくなります。


ということで1週間目のお写真です。
一週間
変にまぶたがラインにかぶさる感じがすくなくなり
非常によいラインが出ています。
アイメイクも加わり、1枚目のお写真と比較するとかなり目の印象が変わりましたね!



写真でみて検証してきたことをまとめると
目が細い人の場合は、最初にちょっと腫れて見えやすいのは確か。
狭いラインの場合にはそこまででもないので
狭めにする、という人もいるだろうし
この患者様のように、こういったラインのために立ち向かう、という方もいらっしゃいます。

「腫れはでてしまう」、ということは事前に話していたのですが
想像していたほどではなかったようで(極端な腫れではないですしね!)
なおかつすぐに落ち着き綺麗なラインが出て満足していただけました。



PS
拍手コメントへの返事です。

>美里さん
そうですね!
こまかく形を考えていくならば
まず目頭切開を行い、そこに合わせてラインを検討する、というのがよいかと思います。


>xさん
支払い方法のことや予約については
クリニックにお電話して問い合わせてください。
詳しく伝えられますよ!


>decolateさん
目尻切開はモニター募集していないのでお写真は無いです。
今後募集するかもしれません。
金額は17万円+税です。
(以前もこの金額の質問があり、答えたつもりだったのですが、目尻、と書くつもりが目頭と書いて載せてしまってました、ごめんなさい!→11月の最後の記事、修正しました。)


>nさん
「目立っている糸を取ってラインを修正する」ことは十分可能です。
他院でつけた糸でも、目立っている場合なら取るのはそこまで難しくないです。
たいていの場合は同日に行えますが
状態によっては日を開けるのが望ましいことのあるので、診察の上で考えていきます。
あとは糸はかならずしも取らなくて良いケースがほとんどです。
再度手術するにあたって支障はあまりないのですが、どうしても邪魔になるケースではとります。
糸同士がぶつかって切れてしまう、というのはかなり確率の低い話です。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR