FC2ブログ

11月も終わりです。



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。


質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





11月ももう終わりです。
明日からはついに最終月。
年末の予約についてですが
12月23日~はモニター手術は受付せず、通常手術のみの受付となります。
年末の手術を予約したい方は一度カウンセリングにお越し下さい。
カウンセリングを先に済ませた上で、年末の予約が可能となります。
(今までカウンセリングを済ませている方で、年末ご希望の方ははやめにご連絡ください)
28日以降は混雑が予想されるので、早めのカウンセリングの上でのご予約をお願いします。
詳しくはお電話でお問い合わせください。



では今回のお写真を見てみましょう。
今回は平行型ラインの例です。



手術前です。
手術前
狭めの末広ラインです。
ここから広げていき、平行型のラインを実現するため
両側の目に埋没法を行いました。


では手術直後です。
直後
かなり腫れは少ないです。
ラインにかかる部分の皮膚がややむくっとしているので、多少は腫れているのでしょうが、これくらいならば問題はないのでは。

腫れのピークはいつか、というのは難しいですが
ダメージの少ない手術だと、直後、もしくはむくみが出る人は翌朝か、という感じでしょうか。
ダメージが多いと、少しあとで腫れが来ます。2日、3日目くらいでしょうか。
切開法ではそういった感じかなと。


自然な流れ方のラインを実現するよう(直後からでもなるべく自然になるよう!)
細かい糸の通し方の工夫をしています。
通し方と位置の工夫で結構このあたりは変わります。



最後に1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
派手すぎない、繊細なラインを実現した平行型二重まぶたですね。
いい感じです!


「腫れない」を目指しての日々も
いよいよ2011年は最終月。
最後まで頑張っていきます。
(2012年もやりますが)




PS
拍手コメントへの返事です。





>ちりんさん
モニターは平日のみ、12月は22日まで。
1月は4日からです。
関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR