末広型を広げた例。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。


質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください




今回は末広型を広げて
幅のある末広型にした例です。
やや直後腫れて見えますが、その点についても解説しています。



ではまずは手術前を見てみましょう。
手術前
末広型の綺麗なラインです。
ある程度の広さのラインはありますが、これをさらに広げるのが希望です。

埋没法を両方の目に施行しました。
手術直後です。
直後
うーむ、少しだけ目の開きが悪くなっています。やや腫れて見えますね。
手術してほんと直後に撮るとやはりときどきこういう方はいらっしゃいます。
ただ、「腫れない手術」を心がけた方法の場合、ほとんどのケースで数時間たたないうちにだいぶ目の開きが良くなります。
たとえば1時間後でも、目のほうが慣れてきて、かなり違って見える人が多いですね。
この目が(目を開ける筋肉が)影響を受けて下がる現象の強いもの、スーパーバージョンがガチャピン状態です。ガチャピン状態が強いとかなり時間がかかります。2~3週かかるかと。
(ただ、糸を取ればすぐ治ります。)
他院で手術を受け、2か月くらいそういった状態が続いた方の糸取りをしたこともあります。糸を取ったらすぐ目が開きやすくなって、非常に安心していただけた、という感じでした。




ということで1週間経ってのお写真。
一週間
目も慣れ、メイクもあいまって良い感じですね。
広さのあるラインの方が確かにメイクが映えやすい。


上の写真を見比べて、手術前、手術後どちらの目が好きかは人それぞれ。
ラインは好き好きです。
どんなラインが自分にとってより良いものか、を考えていくことが大事ですね。



PS
拍手コメントへの返事です。


>micoさん
うーん、ラインの持ちというのは
本当に人によります。
クセを生かしたラインだとそのまま保たれたり
無理をするとすぐに取れたり。
カウンセリング時に希望のラインとの兼ね合い含め話していくのがよいでしょう。

>初めまして さん
目尻切開を行う方もいらっしゃいますよ。
人によってはかなり変化しますが
逆に変化度が低い人も多いので、カウンセリング時に見てみて、ですね。

>ゆうさん
日にちにもよると思いますので
クリニックに電話して問い合わせてみてください!


>あいさん
一重まぶたの場合はラインを作るだけでも
やや眼瞼下垂のような状態から改善はします。
二重まぶたの場合は、かなりその人その人で違いますね。

>mioさん
ちょっと写真を探してみますね。
ただ、結構人にも寄ります。
1カ月目だと切開した傷はけっこう赤い、ということが多いです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR