FC2ブログ

幅のある平行型を生み出す。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談などなどは drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回のお写真は
しっかりとした幅のある平行型ラインの例です。


人気の平行型、さっそくお写真を見ていきましょう。
まずは手術前です。
手術前
もともとラインはありますが、末広型です。
これをもっと広げて、平行型のラインを生み出すべくデザインし
埋没法を両方の目に行いました。



では、手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
少しラインがいびつだな、というところ。
やはり多少腫れがあるためです。
ただ、どんどんと滑らかになっていきます。
しっかりとした幅の平行型ラインが生み出されているのがわかりますね。



最後は1週間目のお写真。
一週間
アイメイクで幅が少し狭く見えますが、目は大きく見えています。
幅のある二重だとこういったことが可能になりますね。
1枚目のお写真に比べ、かなりはっきりしたのがわかります。




今日は手術の方々の他は
カウンセリングだけを受けにきた患者さまが何人かいらっしゃったのですが
他院で受けた後の修正の方ばかりでした。
いろいろなパターンがありましたが・・本当に考えさせられます。
病院、医師選びはこの情報化社会でありながらも、運の要素も強いのが確かです。
そうはいっても真偽含め氾濫している情報からいろいろたどってみるしかないです。
僕はなんでもできるわけではないにせよ、来てくれた患者様に対し、できることできないことをきちんとした形で伝えていこうと思います。
ブログを検索で見つけてくれた人、誰かに教わった人
そういった方々にとって、解答だったり道しるべになったりすれば幸いだなと。
きれいごとみたいで、こういうの書くとどうこう思う人はいるかもしれないけれど
少しでも役に立てば、と思うわけです。
いい人ぶってるとかじゃなくて、それが普通じゃないかな、と。
自分の手術によって悩んでる人が出てきたとしたらこちらも悩むし。心配になる。
それが当り前じゃないのかなと。
宣伝文句ばっかり達者なこと言ってる、みたいにはなりたくないですよ。
ほんとに。
今日はこの辺で。




あしたから11月。
誕生月なので頑張ります。











関連記事
スポンサーサイト



プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR