アイプチでかぶれてしまうので、アイプチから手術に移行する。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回のお写真は
アイプチの使用でまぶたがかぶれてしまっているケースです。



アイプチでかぶれて赤くなってしまっている人は意外と多いです。
皮膚がすごく硬くなっていたり
ぼろぼろと皮膚がはがれていしまっていたり。


アイプチでかぶれた時の対処等については以前書いています。
アイプチのかぶれについての記事はこちらから。
↑興味ある方は読んでみてください。


アイプチが肌に合う人は良いですが
かぶれてしまう場合には
手術をしてラインを獲得してしまうのは有利です。




手術前のお写真を見てみましょう。
手術前
写真でもかぶれがわかります。
赤くなり、少し皮膚が硬くなってしまっている。
もっとひどいと皮膚がぼろぼろになる人もいます。


手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
いい感じのラインです。
腫れは少なく抑えられました。

アイプチでかぶれていると炎症があるため
内出血しやすかったり、腫れにつながりやすかったり・・
というようなところがあるのですが
腫れを減らす方法によって、良い結果が出せていると思います。

ただ、細かく言うと
アイプチのかぶれで皮膚が硬いので
ラインにかぶる皮膚がちょっとごわついて厚い、というかなんというか。
それでやや腫れて感じます。
 


では次に1週間のお写真です。
一週間
アイプチを使わなくなったので
1つ上の写真で見られたような皮膚のごわついた感じが落ち着いていますね。
滑らかになりました。


このように
アイプチでかぶれる方は
「手術でラインを獲得することにより、アイプチを使わなくてよくなる」
という風に流れを断ち切ることが大事です。


使わないようになると、皮膚はかなり落ち着きます。



かぶれの状態だと
ややシミュレートしたラインが不正確になるおそれがあったり、細かくラインが決められなかったりということがあえりえるので
理想はアイプチのかぶれを落ち着かせてから
(アイプチの使用をやめて、炎症止めの薬を塗ってしばらく様子を見る)
手術をするのが良いのですが
もしもある程度ラインが決まっていれば(アイプチの線など)
このようにそのまま手術をしてしまうのも手ではあります。


荒れた状態でも無理してアイプチを使い続けると
皮膚が伸びてしまったりすることもありえるので、やはり注意が必要です。
かぶれや多少の硬さはアイプチの使用を中止することで落ち着きますが
変に跡になってしまったり、皮膚が変に伸びてしまったりだと、そのまま残ってしまうので
そうなる前に使用を中止すべきですね。




関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR