差を少なくするためのデザイン。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください



今回も前回に引き続き少し左右の目で差があるパターン。
前回とはまたちょっと違ったパターンです。


まずは術前を見てみましょう。
手術前
どちらも奥二重、という感じでやや右が小さく見える。


片方が二重で、もう片方がまるっきり一重の場合でもこういった感じに見えます。
その場合はラインを作って揃えてあげると目の大きさも揃う。

ただ、今回は少しだけ右の目の開きが弱いようです。
こういったケースで無理やり右だけラインを広くすると
かえっておかしく見えて逆にアンバランスになるので
下垂の手術を伴わずに埋没法を行い↓の感じとしました。
直後
直後です。
左右ともやや幅を広げ、ライン的に似た感じに仕上げています。
差はあるものの、大きなものではなかったので
こういった方針で左右にラインを生み出すと不自然な感じが出にくいです。


1週間の写真も見てみましょう。
一週間
左右の目の幅の違いはありますが
最初よりも差は目立ちにくく、良い感じです。





余談になりますが考察。
この患者様のパターンは
右の眼瞼下垂、と単純にとらえるには難しいです。
なぜかというと
細かく見ていくと、左の眉毛のほうがやや上がっているのです。
それでやや目が大きく見えている。
癖のような感じで左の眉だけ上げているのかどうか。


一般的には下垂で目を開けづらくなっている場合には、下垂のある目の上の眉毛を上げて目を開けようとするのですが
左側に下垂があって眉をあげている、と考えるには少し違う感じがします。
なかなかはっきりした診断がつかないケース。
でも埋没法後、ナチュラルで差も減り、広くなくともよい感じになっていると思います。



目に差がある、と言ってもこういうパターンもあるし
いろいろです。
どうしたら仕上がりが自然になるか。そこを考えて計算してデザインしていく。
シミュレートでいろいろ試していきましょう。





関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR