ラインに明確な答えは無い。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから




初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください


今回は末広型のラインです。


まずは手術前。
手術前
一重まぶたです。
目を大きく見せるにはやはりラインが見える方が有利ではあります。
陰影の関係で、ラインの分まで目の大きさに見えるからです。

埋没法を左右の目に行った、直後のお写真です。
直後
やはりラインがあると目が大きく見えますね。
すごく大きな変化でなくとも、こういったかたちで目を映えさせていくことは十分可能です。


最後は1週間目のお写真です。
1週間
自然でいい感じのライン、良い変化ではないでしょうか。


もっと広くすることも可能かもしれませんが
広いラインだと眠たい目に見えてしまいやすい場合もあります。
ただ、そこも好みで分かれてきます。

ラインには100%の正解は無いです。
自分にとって良いものはなんなのか。
他人の意見を参考にするのもありだし
自分の意見を貫くもあり。

ラインによっては切開を伴わなくてはいけない場合もあったり
ある程度の妥協を必要とすることもありますが
そこもその人その人がどう考えるかです。

そういった部分で切開法か埋没法かで迷われる人もいらっしゃいます。


自分の求めるラインにはどんな手術が必要なのか?
そしてその手術を受けるだけのダウンタイムがとれるのかどうか?
そこでデザインするラインが変わってくこともあるわけです。


いずれにせよ二重まぶたラインには、ある一定の正解は無いです。
いろいろとカウンセリング時のシミュレートでラインを試してみて
しっくりくるものを考えましょう。
自分にとっての回答をみつけていきましょう。







PS
メールいただいた方の中でメール返せない方がいらしたのでこちらで返答。

>アドレスが himajin・・・の方。
ブログいつも読んでくださってありがとうございます。

手術して糸を取り外した場合、初めのうち少しの間はそのラインが出ていることもあります。
違和感も徐々に消えることと思いますが
長く続いている場合には、手術をしたクリニックで再度チェックしてもらうのがよいかと思います。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR