末広型のラインで目を映えさせる。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください







今回のお写真は末広型のラインです。


近年は昔にくらべ平行型のラインを求める人の割合はずいぶん多くなった、と感じます。
「平行型」「末広型」という言葉自体もかなり普及した、も言えるんじゃないかなと。
平行型の説明&写真のブログこちらから
末広型の説明&写真のブログこちらから
いまいち両者の違いがわかりにくいな、という人は↑の記事を読んでみてください。


どちらのラインが好きか。
どちらのラインになりたいか。


そして手術で可能なのはどんなことなのか。


いろいろと考えていった上で
ラインを決定していきます。


では今回のお写真をみていきましょう。
まずは手術前です。
手術前
一重まぶたです。
末広型のラインを生み出すべくデザインを施し
両方の目に埋没法を施行しました。


手術終了直後です。
直後
大きな腫れは無いですね。
でも細かく細かく見ていくと、目頭側はまだちょっといびつかな?
やはり腫れの影響は多少あります。目立つものではないですけれどね。
これはすぐに落ち着いてきます。



最後に1週間後のお写真を見てみましょう。
一週間目
より滑らかになったことと(微妙ですが)メイクにより
手術した=不自然 などということが全く無く、非常に自然なラインです。
確かに広いラインではないですが、こういった風に目を映えさせることも一つの方法なわけです。



どういったラインを選択するか。
さまざまな方向から考えていくかたちとなります。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR