昨日に引き続き目頭側からのびるライン

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください




今回掲載するのは
昨日に引き続き、目頭側からしっかりとラインの見えるラインです。
平行型、と言い切るには末広に近いようなそんなライン。
それでいて平行のような。。




ではまず手術前のお写真を見ていきましょう。
手術前
左右ともにクセがありますが、やや左の方がはっきりしたクセです。
もう少し綺麗に出やすいようなラインをデザインし両方の目を施術しました。


埋没法、腫れを少なくするためにいろいろ工夫を凝らしているのは以前から書いている通り。
最近はさらに腫れを減らすための一工夫 二工夫を付け足しています。
文章でうまく書けないので記事にしていない裏ワザもまだいろいろあるわけです。
おいおいなんとか文で表現できたらな、と思っています。


手術直後のお写真です。
直後
少しだけ予定よりも目頭側がはっきり出て
平行ライン!という感じがやや強いです。
もう少し落ち着いてきますね。
でも、直後から自然、と言えますね。
(この自然に見えやすい、というのもちょっとした裏ワザの効果も大きいです。最近は更にこの部分にこだわっています。)


最後は1週間経って、のお写真です。
一週間
ライン自体落ち着いたのと、アイメイクによって非常に綺麗に映えています。
ある程度以上の幅のあるラインはアイメイクがかなり有効です。


美しいラインを目指して。
「腫れない」を目指して。
少しでも先に行けるように前を向き続けるだけです。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR