片目の施術 左右差を整える。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





前回に引き続き片目の施術例を掲載します。
今回は少したるみ、くぼみのある目のパターンです。

たるみが多いと埋没法が難しい場合もあります。
また、くぼみが強い場合はもっと困難なケースが多い。
くぼみのところに引っ張られてしまい、その下に二重ラインが出にくいのです。
このあたりを診察時にきちんと検証していくことが必要です。


では今回のお写真、見ていきましょう。
手術前
右目に、左目に相当するラインがないため、ややくぼみも目立ってしまっている感じです。
もっとくぼみが強かったらちょっと厳しかったかな?と思います。
タルミに関しても同様です。

右目に埋没法を施行した、手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
腫れによって、気持ち右が広いですね。
ただ、上に載せた手術前のお写真に比べると、その左右差は非常に少なくなっているのがわかりますね。
ぼんやりして、小さく見えていた右目がはっきりしました!
いい感じです。


1週間目のお写真も掲載します。
一週間
お化粧する際にアイテープ等を使ったりする手間も省けて、なおかつより自然。
有効な手術、と言えますね。



さまざまなパターンをブログで紹介しました。
いっぱいすぎて見るのは大変だとは思いますが
自分の好きなラインや自分に似た目etcいろいろ見てみると非常に参考になると思います。


目の左右差に悩んでいる人も、今回、前回のような片目の施術も可能なので
ご相談くださいね。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR