左右の目の違いを揃えるために、片側の目に埋没法を行う。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください


今回はラインに左右差のある目を揃える目的での手術です。
お写真を見ながら検討していきます。




まずは手術前の目を見てみましょう。
手術前
右目のラインはOK、とのことなのですが
左目の方のクセは広すぎる、とのこと。
このラインがすごくしっかりしている場合には、狭くするのは難しいのですが
今回のケースではそこまでしっかりしたラインではなく、出やすいクセぐらいの感じだったので
狭くするべく埋没法を左目に施行しました。
同じようなケースで右を広くするパターンを選ぶ人もいるかもしれません。そこは好みでしょうね。



手術終了直後のお写真を見てみましょう。
直後
片方だけなので少し変な感じです。
すごく腫れているわけではないですが
左目だけは「手術した」、という感じがうかがえます。
左右同時に行うと、かえって腫れがわかりにくいこともあるのは
左右ともこのお写真の左目にたいな感じで、そのあと同じ様に落ち着いていくから、でしょうね。
ただ、このお写真のケースでもどんどんと落ち着いていきます。
すこしすればパッと見には手術して、というのはわからなくなってしまうことでしょう。
実際、一枚目の写真よりもこちらのほうが左右の差も少ない、と言えます。


最後に1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間後
かなり落ち着きました。
化粧もありますが、最初の写真との差は大きいです。
細かい部分での差は、完全に落ち着いたとしてもあるとは思いますが
こういったように差がずいぶん埋まったので、満足度は高い手術ですね。



片目の手術を受けにくる、という人も結構な人数いらっしゃいます。
もともとの左右差の方。
過去に埋没法手術をしたけれど、片方だけ元に戻ってしまった方。
いろいろなパターンがあると思います。


揃えていくことが手術で可能なのかどうか。
カウンセリング時のシミュレートではっきりしてくるので
そこでしっかりと確かめてみましょう!
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR