広めライン

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





今回は広めのラインのお写真を紹介しましょう。



まずは術前のお写真です。
手術前
クセがついているのがわかりますね。
左右ほぼ同じところにクセがありますが、左の方が強いです。
このクセの部分で埋没法を行えば、普段通り、という感じを生み出せる。
そういったコンセプトで両方の目に対し、埋没法を行いました。


手術終了直後のお写真を読んでみましょう。
直後
わりと広めなラインが生み出されました。
上の写真のクセと比較してみると、腫れが非常に少ないのがわかります。
微妙にむくんではいるのでしょう、けれどもほとんど目立たないです。
ただ、すっぴんなので少し広く見えるかな?といったところ。


ということでメイク後のお写真。
1週間目を見てみましょう。
一週間
やはりメイクにより目が大きく見えていますね。
同時にライン幅は落ち着いて見えます。


広めのラインはさまざまなメイクの可能性を広げてくれるので
非常に有用、と言えます。
いつもここで書いているように、メイクが薄い人の場合は狭いラインのほうが向いているかもしれないし
本当に人の趣向しだいです。




PS
拍手コメントへの返事です。

>はるかさん
目頭切開の抜糸ですが
5日目を目安に考えています。
1週間、ということで7日目に抜糸しているところも多いですが
早めでOKです。
長く置きすぎるよりはそのぐらいの時期のほうが糸の跡が残りにくい、という考え方です。
人によっては4日目で抜糸していることもありますが
3日目は早すぎるかな、といったところです。
なお、メイクは抜糸の翌日からですね。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR