はっきりしたライン。

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください



今回紹介するお写真は結構はっきりした二重ラインです。
目頭から伸びる、末広型に近い平行型というか。

どんなラインが目を映えさせるか?
その方その方の化粧のスタイルなどにもよりますが
シミュレートしながらいろいろと確認してラインを決定していきます。


希望が多いのは、アイプチやメザイクで作っているのと同じライン。
ふつうにメザイクで作っているラインなんかは、全く同じ、とは言いませんがかなり近いものが可能なことが多いです。
アイプチやテープを2回づけしたり、いろいろ工夫して何とか作っている、というラインの場合は、同じ、というのが難しいケースもあります。
どこまで近いものができるか?シミュレートしていくわけです。


カウンセリングの際には
これをその方の目で行えるので、かなりいろいろなことがわかるのです。
百聞は一見に如かず。
どんなラインが可能か?を考える場合は来ていただくのが一番はやいですね。





では今回のお写真です。

まずは手術前。
手術前
よーく見ると上まぶたにはいろいろなシワがあります。
ラインを決める際にはこういうものを丹念に観察しています。


手術直後のお写真を見てみましょう。
両目に埋没法を行っています。
手術直後
はっきりしたラインが生み出されました。
目がはっきりするし、大きく見えますね。
腫れも少ないです。



1週間目のお写真も見てみましょう。
一週間後
目頭側が少し広めに出ていたところも落ち着いています。
この方の場合はもっと広いラインも狭いラインも埋没法で可能だと思います。
ただ、広すぎると不自然に見えるかもしれないし、狭いと狭いで好みではなくなってくるかもしれません。
自身がどういったラインが好みか。
そこはライン決定にとって非常に重要なファクターです。


シミュレートで確かめながら意見、意思を教えてもらえば、と思います。



関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR