目をぱっちり映えさせるために戦略的に臨んだ例



目をぱっちり見せるためにはどうすればよいのか?
広いラインがその回答のときもあるし
狭いラインが回答になる、今回のケースのようなパターンもあります。
写真を見て実際に確かめてみましょう。



まずは手術前です。
術前
左はぼんやりではありますがクセがついていて
右はクセがさらに弱く、一重まぶたです。

アイプチで少し広めにクセづけていたのですが
その位置だとラインがしっかりしない、はっきり食い込みにくい。
さらに言えばちょっと眠そうに見えてしまう。

ぱっちり見せるためにはどういったラインがよいか?
ということで逆にクセよりも狭いラインを考えることにより
目をはっきりさせる、という戦略を立てました。


手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
しっかりと食い込むラインが生み出されたので
やや目が大きく見えていますね。

ただ、この時点では、直後も直後、ということで
やや目の開きが落ちてはいるのです。
(糸がついたことによって一時的に開きづらくなっている)
1週間目のお写真と比べてみるとそれがわかります。


では1週間目です。
一週間目

まず手術前と比較すると、一重→二重の変化で目が大きく見えるようになったのがわかると思います。
また、直後の写真と比べてみると目の開きも変わっています。
開けるようになったので、目が丸っこく感じます。
そして、アイメイクのおかげで、更に目が大きく見えているのもわかります。
メイクの力も大きいですね。



こんな風に狭いラインを選択することで逆に目を大きく見せる、というのも一つの戦略です。
広すぎると、ラインが薄くなってしまい、目の開きがはっきりしない
そんなときには有効な手段と言えるでしょう。


強めのメイクの方の場合は、広いラインのほうが有効な場合もあるし
個人個人でしっかりと考えていくことが大事ですね。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)








質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR