やりがい

さまざまな人のさまざまな目。
それに合わせていろいろと戦略を立てていくのはけっこう難しい。

切る、切らないの差もあるし
埋没法ひとつとっても、どの部分に糸をかけていくか、どういった結びを行うか
ちょっとした部分の違いを検討していくことになります。

ラインについても様々なパターンが考えられる。
目自体のかたちに合ったライン、というものがどんなものか。
それを常に意識しながらデザインしていくわけです。


こう考えていくといろいろ難しいのですが・・
だからこそ生み出されたものが喜びにつながったときはこちらも嬉しい。
やりがいのあるものだ、とそう思えます。


カウンセリングも本当に難しい。
100%の意思疎通というのはないのだろうけれども
きちんと話合っていくしかないです。



では今回のお写真に移りましょう。
一重まぶた→末広ラインへの変化です。


まずは手術前です。
術前
一重まぶたなのでラインが欲しい、という希望で来院されました。
埋没法を左右に施行して末広型のラインを生み出していきます。

手術直後のお写真を見てみましょう。
直後
直後からでも自然で、美しいラインです。
幅の広いものではないですが、目を映えさせていますね。


1週間後のお写真も見てみましょう。
一週間
生み出されたラインによって目が大きくはっきりとする。
こういった意味で非常に効果的な手術だったのではないかな?と思います。



どんなラインを考えるか
それに対して用いていく手法はどんなものなのか。


おそらく適当に行ってもある程度の結果は生み出せるのが埋没法ではあると思います。
ただ、そうではなくて、そこにいろいろなこだわりと情熱を注ぎ込む。
そんな風に一生懸命考えてやっていくのもすごく重要なのではないでしょうか。
楽ではないけれども。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR