幅広めの二重ライン

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから

モニターも募集しています!
詳しくはホームページをチェックしてみてください。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






幅の広い二重をめざしての埋没法です。
ある程度以上の幅を考える場合には切開法がやはり有利です。
埋没法ではできないラインが可能なこともあるためです。


ただ、切りたくない、という欲求は多いです。
だから広めでもいける範囲で埋没法を行う方は多いです。


ここのところは幅の広いラインに対して有効な
少し変わった工夫をした埋没法も行っています。
ちょっと特殊なつけ方なので、時間はちょっと長いですが
細かいラインも可能なうえで腫れが少ないので非常に使い勝手が良いです。



お写真の患者様は
手術前
もともとは少し狭めの末広型ライン。
広めのラインを埋没法で形成していきます。

では直後のお写真です。
直後
少しむくんでまだラインがちょっとだけいびつですが
(左の外側はちょっとだけほかの部分に比べ腫れていますね。でも1~2日でもかなり落ち着きます)
少し落ち着いてしまえば、あとはお化粧で綺麗に映えさせることができると思います。


1週間目のお写真を見てみましょう。
一週間
直後のお写真もすごく腫れていたわけではないのが
このお写真と見比べてみるとわかりますね。
そしてメイクをすると、目がかなり大きく見えます。そしてラインが広すぎるようには見えない。
つけまつげも効果を生んで、非常に美しく映えているのではないでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR