左右の差を埋めていく

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから

モニターも募集しています!
詳しくはホームページをチェックしてみてください。


初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近の記事はお写真が多いですが、過去記事は腫れ・痛みを減らすためのテクニック解説などのお話しが主です。
興味ある方は是非読んでみて下さい。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください





片方が一重、もう片方が二重だとやはり目の大きさは違って見えます。

今回のお写真の患者様は
右が奥二重、左が一重ですが
そうすると、ラインがあるわけではないのですが
どうも目の大きさが違って見えてしまう、というのは否めません。
ではまず手術前のお写真を見てみましょう
手術前
右目のほうが大きく見えますね。
微妙なほどしか大きさは違わないのですが
こう見ると違いますね。

極端に片方だけ目が開けられない状態だと
眼瞼下垂とよばれる病態になりますが
お写真のケースだと、少しでも二重がある、ないの差です。


この場合、左側だけに施術を行いなるべく揃えていく、というのも可能です。
片方だけはっきりした二重、という方もいらっしゃいますし
片方だけ行う方も多いです。

今回は両方ともラインを出していく、という方針で
左右に埋没法を施行しました。


直後のお写真です。
直後
やや右側が腫れが多いですね。
短時間でどんどん変わっていきますので
強気に様子を見てもらって大丈夫です!



そして一週間目。
一週間
落ちつきましたね。
幅に関してもメイクをするとさらに目を大きく見せられる幅、と言えるのではないでしょうか。
左右の差はもうほとんど問題にならないのではないでしょうか?




夏休みシーズン、手術を希望される患者様がたくさん来られます。
素敵なラインを目指して共に頑張っていきましょう!

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR