いじらないよう注意。

僕がカウンセリングでよく言うのは

痛みや腫れが気になるとは思うけれども、それは少なくすることが出来る。
でも腫れが小さいと、油断してすぐ化粧してしまったりする人がいるので
油断せず、まぶたをいじったり、化粧したりしないことが一番大事。

ということです。


はじめは糸を通すための針穴が開いています。
針穴なんてほんとにすぐにふさがってしまうのですが…

そのふさがるまでの間に細菌が入ってしまうと
その時はよいのですが、
しばらくしてからすごく腫れてしまったり
(ものもらいの超激しいバージョンのような感じ!)
糸が皮膚の外に出てきてしまったり
と変なことが起きてしまうようになるので
(こうなると治療しなくてはいけません!)



とにかく最初のうちにまぶたを汚したくないのです。
2日経ってしまえばアイメイクもOKです。
それまでは触らないように気をつけていきましょう!


手術をしたあとに、神経質になって一生懸命まぶたを広げて鏡で見てみたり
糸を通した跡の部分を指でこすってみたりする人がいるのですが
いじらないように注意です!!


口内炎があったら気になって舌で触ったり
かさぶたができたらいじったり etc
というのはみんなあるとは思います。
そういうのと同じようにものすごーく気になる気持ち、ここでは我慢して抑えていきましょう!


先日書いた、1ヶ月から1ヵ月半は強くこすらないように、というのと共に
最重要事項です。




PS
コメントをくれた、カマンベールさん。
この場を借りて返答。
ボク二重手術大得意です!みたいなおこがましいことは言えないです。
でも全身全霊とりくんでいます。
だから腫れの少なさ、自然さでいろいろなところから評価を頂いていることは本当に嬉しいです。
さらに上を目指してがんばります。
口先だけの天才(!?)医師たちには死んでも負けません!

他の皆様も拍手コメントくれたり本当にありがとうございます。
読むと活力になります。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR