クセのラインを生かす!

ご予約はホームページからメール送信 もしくは 0120-777-695までご連絡ください。

携帯サイトです
ドクター松井クリニック携帯サイトこちらから

PCの方へ。
ドクター松井クリニック・ホームページこちらから



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






アイプチやメザイクなどでできたクセのラインを
最大限に生かした例です。



まずは術前のお写真です。
術前
クセがかなりしっかりとあるので
そこを生かす方向で考えました。

左右で多少の差はあるのですが
普段から周りの人たちは、その状態で慣れているので
あえて差はのこしたまま、クセを生かしての計画を立てたわけです。


では埋没法終了直後です。
術直後
くいこみをしっかりさせる形ですが
やや腫れがあるので、こんな感じ。
もう少し腫れが引けば、もっとしっかりしたラインになってきます。


ということで1週間目のお写真です。
術後一週間
細かいことを言えば1週間目のお写真ではややいびつさがあったのですが
かなり自然に落ち着きました。

確かに左右の差はありますが
アイプチやメザイクで一番ラインが出やすい場所、クセの残りやすい場所、というのは
もともとの自分の力のある場所ではあるので
自然なかたちを生かしたもの、ということで良いラインだと思います。


このあたりは、ご本人の方針次第。
なるべく揃える人もいるでしょうし
ここはよく事前に話し合って、ですね。



自然で素直なラインを生かす、という方針は
僕自身の考え方に一番合っていて
好き嫌い、で言うと好きですね。
もっとも、自分の好み、好き嫌いで手術をするわけではないので
あまり関係ないかもしれないですけどね。




モニター募集もしていますので
詳しくはホームページを見てみてくださいね。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR