平行型の二重まぶたへの変化



初めてこのブログを読む方はこちらをクリックして読んでみて下さい・このブログのナビゲーションです。
最近は写真の掲載が主ですが、前の方にはいろいろなテクニックや説明などが書いてあります。
ぜひ読んでみてください。

質問・相談は drmatsui@hotmail.co.jp までお送りください






今日カウンセリングに来た方の希望は
奥二重に近い狭いラインから、平行型へのライン変化でした。


ちょうど今日載せるお写真の方の感じでしょうか。
こういったライン変化を求める方は多いです。


今回のお写真の患者様の場合は
奥二重、ではなく、末広型のライン。


ここから埋没法で特に目頭側を広げることで
平行型のラインを生み出すことを計画しました。




まずは術前のお写真です。
術前


平行型を生み出すべく、手術を両目に施行。
手術終了直後のお写真です。
術後
直後ですが特に右は腫れがよくわかりません。
左はややむくんでいますが、どんどんひいていきます。
平行型がはっきりわかりますね。

今日の患者様にも「ブログに書いてある通りほんとに直後!」ということを言われました。
ほんとなんです笑



ということで最後に一週間目のお写真。
一週間
やはり直後よりも落ち着いていますね。
もともとラインがある方の場合には
広げた際には三重まぶた、というか中のラインがやや見えます。
あまり不自然に見えるものではないですが(ナチュラルで広いラインの人も中に線があることが多い)
本人がその点を気にするかしないか、ですね。




PS
拍手コメントへの返事です。


>hoshiさん
糸取りは、やはりやってもらった場所で受けるのが、腫れの点を考えると一番確実ではあると思います。
ただ、受けた場所で取るのが嫌だ、という方もいらっしゃるのも確か。
その場合は信頼できる医師を探すのがよいです。
絶対に腫れが少なく抑えられる、というのは言い切れないにしても、ていねいに行う事で、糸取りのさいも腫れは減らせます。

関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

松井彰一郎

Author:松井彰一郎
ドクター松井クリニック院長の松井です。

これまで長くの間、さまざまな患者様の目を手術してきました。

二重まぶたの手術について
こだわりを中心によもやま話を書いていきます。


「どうしたら腫れの少ない二重手術が可能なのか?」
それがメインテーマです。
(文は長いですがお許しを!)


「腫れない二重まぶた手術」を目指して。





質問がある方はお気軽にメッセージをください。



質問は
drmatsui@hotmail.co.jp
までどうぞ。


プライベートブログもあります。
ドクター松井ブログこちらから
こっちは普段の雑談オンリーです。



よろしくおねがいします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR